衰退するIT界について

目まぐるしく変化するITの世界だが、いくつかのIT企業の衰退が見られる。某ソーシャルゲーム大手の業績が既に下降していると言う事で希望退職者を募る程だ。
ほんの少し前まであんなに盛んだったゲーム企業がもう沈没化しているなんて恐ろしい世界だと思う。いつかIT産業が衰退する時期が来るのだろうか。今の時点でそれは考えられないが、変化が著しいITの世界では衰退して行く事も想像出来る。

既にわたし達の生活に欠かせないものになっているITだが、IT企業が儲けを出す時代はもう終わっているのかもしれない。
元々日本はIT技術に遅れていると言う評価が目立っていた。目先の市場の事しか考えられず、将来を見抜けなかったと言う批判がある。
日本の技術自体がガラパゴス化しているとまで批判する人もいる。でもそれは、ただ日本独自の技術を磨いていただけの結果だ。エンジニアの誰が悪いと言う訳ではない。

しかし日本の大手企業が何処も衰退しているのは問題である。海外で日本の電化製品が一番支持されていると言う時代は終わったのだ。今や韓国に押されている事も現実だ。

世界に遅れを取っていると言う時点でもコンプレックスを抱いている日本だが、新たな場所で若きエンジニアが活躍する時は必ず来る筈なので頑張って欲しいと思う。今海外で活躍する日本人エンジニアもたくさんいるので、いつかその技術を日本に持ち帰ってIT界を活性化して欲しいと思うのであった。

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>