メールが及ぼした影響

初めて携帯電話を手にした時、嬉しかった機能はメールだった。
15年も前になるが、あの頃はポケベルが衰退しPHSも徐々に減り始め、学校では友人の何人かが携帯電話を手にしていた。

ポケベルにも興味が無かった自分が何故突然携帯電話を買おうとしたのか既に覚えていないが、ポケベルで連絡を取り合って楽しんでいる友人を横目に実は羨ましかったのだろう。今度こそテクノロジーに乗り遅れてはいけないと言う見栄と意地で当時女子高生だったわたしは携帯をバイト代で買ったのだった。「携帯買ったの?じゃあこれからはメールできるね」と当時仲の良かった友達に言われた時、メールって何すか?と疑問符だけが浮かんだ。

自分にとってITという世界に触れたのは、きっとこの携帯電話を手にした時が初めてだった。今思えば。電話なのにメッセージのやり取りが出来るなんて、凄い電話だなくらいにしか思わなかったが、今やメールは特に欠かす事が出来ない機能になった。
思えば今まで電話よりもメールの方が活用しているのだ。

ただ、何でもメールで伝えるだけの生活を送っているといざと言う時口下手になる。メールでは達者な文を打てるのに実際会ってコミュニケーションを取ろうとしても喋りが下手で相手に伝わらない事もある。
IT化は人を無口にさせる事にも一役買ったと思う。
そして対人関係にも大きな影響を及ぼしたのは間違いないだろう。全てをITのせいにするつもりはない。結局は自分の責任であるのだ。

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>